沖縄のスナック情報|昼キャバやスナックで楽しむ前に覚えておくべきこと。

昼キャバやスナックで楽しむ前に覚えておくべきこと。

沖縄のスナック情報

どこかを見つめる女性

沖縄は日本を代表するリゾート地の1つですが、多種多様なジャンルの夜のお店があるので、充実した夜遊びをすることができます。一人からグループで地元の人とすぐ仲良くなれる夜遊びスポットと言えば、沖縄のスナックになります。そんなスナックをお得に利用するには、お店のドアを開けて値段を聞くという値段交渉が重要なポイントです。お店に自分達の人数を伝えて、料金システムを確認して、希望する金額と差があれば、その金額までお店と交渉する形になります。この交渉でお互いに納得がいけば、快適にスナックで飲めるというわけです。なお、沖縄のスナックの平均的なオープン時間は21時からなので、居酒屋からスナックという流れを予定して、行動することがおすすめです。

沖縄のスナックは、多くがボトル制の所が多くなっています。東京ではチャージ料金も人数分取られるので、高くなってしまいますが、ボトル料金とカラオケ代だけで済む沖縄は比較的安い料金と言えます。平均的な料金は、泡盛のボトル代1本4,000円〜8,000円で、価格はお店の女の子の数が多いほど高くなる傾向にあります。初めての店や、観光客だから1回しか利用しない店、という場合は、ビール1本1,000円程度で様子を見れば、高いお金をかけずに済みます。なお、那覇市内のスナックではチャージ料金が発生することもあるので、お店で料金システムを確認するときにチェックしておきます。沖縄ならではの魅力がいっぱいの、独特な雰囲気や沖縄民謡を味わえるスナックもあるので、見つけてみてはいかがでしょうか。